授業「生物基礎」2014

昨年度からの変更点

(1)授業終了時に、授業者から取り組んだ生徒の皆さんへ、授業についてどうだったのか、という評価をしっかりと伝えます(述べます)ので、その時間を確保します。

(2)「安心して失敗ができる」ということを、昨年以上に意識していきます。

(3)授業で次の3点を常に意識し、声をかけます。

   ・自分も他の人も大切な人である。

   ・学ぶ集団を作るー自分も他の人も伸びる。

   ・本当にわかるためには、

    「資料を読み、人と対話し、自分で考える」ことが不可欠である。

(4)授業の年間計画を次のような流れにしました。

   ・前期(第2学期中間考査まで→第2学期期末考査まで)では

    「生物基礎」のエッセンスを絞り込んで学びます。

   ・後期(学年末考査まで)では

    前期で学んだことを「関連づけ」ながら繰り返し、定着を図ります。


<現状> 第二学期中間考査が予定よりも早まったことなどと関連して、第2学期末までに「生物基礎」の全範囲を終えました。第三学期は、今までの総復習と位置づけ、目標を学年末考査(及び学力スタンダード到達度テスト)に置き、授業においては、クラスとしての集団での学びを進めます。第一・二学期が、トライ&エラーの時期だとすれば、第三学期は、全体像を把握し終えた上で、ここまでの結果をフィードバックして、再トライするという位置づけにしました。これまでは各授業ごとにプリントが配布され、課題(その授業の目標)が設定されていましたが、今度は、各クラスに与えられた10時間(10コマ)の授業を、自分たちで工夫して取り組み、結果を出しにいく、というチャレンジになります。従って、出来る限り、彼らが取り組む時間と場を優先し、私からの指導助言を限りなく控えられるようにしたいと思いますし、それが出来る集団になってほしいと願っています。

これまでの取り組みの成果も含めて、期待したいと思います。

 

一巡目の「学習の進め方」の基本

(1)授業プリント・教科書を情報源として、授業の目的を達成できるようにする。

(2)授業の目的に示された内容について、他者に説明できるようにする。

(3)章ごとに練習問題を入れ、不十分な点を補うと共に、個々の学習への改善を図れるようにする。

 

巡目の「学習の進め方」の基本

(1)これまでの学習で不十分であった点を解決できる・決着できるようにする。

(2)10時間(10コマ)の学習の計画や見通しを立てた上で、学習を進められるようにする。
(3)個々の授業で、一人一人が何をするのか、目標をもって取り組めるようにする。

(3)毎回の授業で取り組むことに違いが合っても、その上で、互いにわかる・わからないを補い合えるようにする。


大切なことは「自分もクラスの他のひとも、誰一人として見捨てない」ということです。「毎回の授業の目的を全員が達成できるように目指す」ことが、クラスとしての目標であり、「クラスの一人一人が、互いの個性を尊重しながら、共に学ぶ集団になる」ことが、クラスとしての目的です。

 

授業内容

右上の単元名をクリックすると、授業プリント・定期考査問題などをダウンロードできるページが開きます。ご利用下さい。

 

年間授業計画

「生物基礎」年間授業計画2014(学力スタンダード 東京都立保谷高等学校阪)
2014.pdf
PDFファイル 205.9 KB

4月27日に一部変更し、さらに5月3日に差し替えました。

(現在ダウンロードできるものは、

 学力スタンダード保谷高校版・年間授業計画に基づいています)