新年度の授業「生物基礎」が始まりました。

新年度(2014)の授業が始まりました。今年度も第1学年全7クラスの「生物基礎」を担当します。

 

今年度は、授業とほぼ同時進行で、授業で配布するPagesで作成したプリントと、プレゼンテーション用のKeyNoteのPDFを、どしどしホームページ上からダウンロードできるようにしたいと思います。その関係で、昨年度の序盤分で停滞していた授業プリントのダウンロードサイトなどの構成も少し変えました。

著作権上掲載できないものなどについては、当然ながら省いてありますので、そこは御了承ください。なお、ネット上に掲載されている画像や動画などについては、必要なURLを紹介させていただいています。これは、生徒の皆さんにも観ていただきたいので、生徒さん向けのブログの方に掲載してあります。

 

海鞘 bio_ascidian  http://blog.goo.ne.jp/bio_ascidian

 

授業に対する考え方については、授業「生物基礎」2014の冒頭にも記載しましたし、第1回「授業開始♫」のプリントにも記載してありますが、昨年度同様、いやそれ以上に『学び合い』の考え方に基づいて、集団での学びをより充実したものにできるよう、努めていきたいと思います。

 

昨年度は、様子を見過ぎてしまったというか、授業終了時に、生徒さん達の振り返りの時間を充実させた反面、授業者からの授業評価がないままに済ませてしまったため、振り返りの意見に対しては、次の授業で発信したものの、取り組んだ直後の評価でないため、色褪せてしまったというか、こちらの意図をうまく伝えることができないまま過ごしてしまったことが、大きな反省点でした。

そこで今年は、授業後の振り返りの時間は、授業者からの授業評価を中心にして、生徒さん達の振り返り自体は、復習ノートを作る、という形で対応してもらおうと思います。

 

一言をノートに書く、という程度の時間が取れるようなら、それは実施しないよりもした方が効果があることは明白なので、その辺のツメはもう少し検討しようと思いますが、まずは授業者が授業をしっかりと看取り、言語化して伝える努力を怠らないようにしていこうと思います。

 

あと、教室に簡便に利用できるプロジェクターが装着されましたので、冒頭の目的・目標の伝達については、KeyNoteを使って円滑に進めたいと思います。カタチではありますが、カタチがあることで少しでも伝わる度合いが高まるのであれば、その努力は厭わずに取り組もうと思います。

 

走りながら適宜手を加えていくのはいつものことですが、まずは上記のような姿勢で臨みます。