第1回「授業開始♫」の授業を7クラスすべて終了しました

表題の通り、授業について紹介する最初の授業が7クラス一巡終了しました。率直な感想を申し上げるならば、私はどうしても話し込んでしまいがちだ、ということです。当初の想定では、ワークを20分から15分は入れて、授業についての確認事項を、クラスのお互いで確認し合ってもらおう、つまり50分間話を聞くだけというのは辞めようと計画しました。しかし、最初の2クラスがほぼ10分以内で了解してしまったこと、次の2クラスが土曜日の2時間連続だったので、2時間目にワークができる、という理由で、50分話をしてしまったこともあり、結局、その後続く3クラス共に、すべて50分話をしてしまいました。

話したいことがあるのは事実です。しかし、決めたことを実行できない教員の言うことを、誰が聞くでしょうか。反省することしきりです。彼らを信用できないというのではなく、ただただ、伝えたいことがある、ということで、話をしてしましました。特に最後のクラスは、やはり決めた通りに実施しなくてはいけないなと思いながら、授業の最初に、結構明確に伝えながら、結局、50分話をしてしまったということで、かなり自分の意志の甘さというか、ルーズさを感じている状況です。

授業の練り方というか、組み立てがそもそも甘いというのもあるのだと思います。

だから、行きがかり上でそうやってルーズな授業をしてしまう。結局、意識が低いのだということがバレバレです。既に実施した第2回は、無事に30分は時間を確保できましたし、ひとまず全員が達成できる状態ではありました。残り5クラスの第2回目以降については、今回のことを反省し、そして彼らに謝って、取り組んでいこうと思います。

明日、早速、今日1回目を実施したクラスが2回目に入ります。先週末に2回目を(2時間連続で)実施したクラスは3回目に入ります。先ほど、3回目の「生物の系統性」のプリントとKeyNoteは準備を終えました。

明日からはしっかりと時間管理を意識して取り組もうと思います。